2017/04/27

ミシンについて

最後になると思うと、色々と書いておきたい事が出てきます。
先ずは、書いていそうで、書けていなかったミシンについて。

私が職業用ミシンを買った理由は、勿論直線縫いが綺麗と言うのもあるし、馬力の問題もあるのですが、このミシン押さえを使いたかったという思いもありました。
左が標準のミシン押さえで、今ミシンについているのが2ミリ押え。
フアスナーを縫う時とか、色々な場面で縫いやすい押えです。

IMG_1414w.jpg

職業用ミシンには、この様に家庭用ミシンでは使えない、色々な押えがあります。それが、職業用ミシンの魅力でもあります。



最近は、補助テーブルも重宝しています。

IMG_1095w.jpg

これは、家庭用ミシンにもあるのですが、場所をとるので使っていませんでした。
使い始めると、無ければ縫えなくなります^^;

そして、買ったけれども、私には使いこなせなかった物。

IMG_1416w.jpg

押えを簡単に交換する事が出来るバネ。
なんていう名称だったのかは、忘れてしまいました💦
普段は、一番目の画像の様に、ねじで留めるようになっています。

これを付けた画像

IMG_1418w.jpg

右側を押すと、バネが縮まって、押えが外れます。

IMG_1419w.jpg

コツもあると思うのですが、私には硬くて押すのに難儀しました。
一回づつネジをドライバーで外す方が私にはやりやすいと判断して、今は使っていません。



そして、最も大事なミシンのメンテについての私の考え。(素人考えですが。。。)

「今のミシンには給油は必要ではない。」と、歌っているミシン屋さんは多いのですが、給油は絶対必要だと思います。
金属と金属が擦れ合う機械なのだから、絶対潤滑剤は必要です。
だから使う前には、どのミシンにも必ず給油します。

職業用ミシンならば、
表面の6点に、

IMG_1413w.jpg
IMG_1404w.jpg
IMG_1405w.jpg
IMG_1401w.jpg
IMG_1403w.jpg


下の釜部分

IMG_1406w.jpg

勿論ロックミシンも家庭用ミシンも同じです。

そして一番忘れてはいけないのが、こまめな掃除。
結構糸クズとか綿ぼこりが溜まります。
特に、切りながら縫うロックミシンは、1回使うと中は綿くずだらけです。

IMG_1411w.jpg

機械油がつくので、専用のブラシを決めて掃除をしています。

IMG_1410w.jpg
IMG_1409w.jpg

ロックミシンも普通のミシンも、送り歯のあたりにごみが溜まると、綺麗に縫えなくなるし、故障の原因になります。
愛用のミシンを長く使うためにも、早め早めの掃除が一番大切ですね。














にほんブログ村

にほんブログ村









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは

私も職業用のミシン使ってます。
何しろ早くて良いですね(*^^*)
押さえも使いこなせてなくて、普通のとラミネート押さえしか使ってないんですよ。ファスナー押さえも使えば便利なんでしょうけど(ToT)

なおさん、コメントありがとうございます。


職業用ミシン、イイですよねぇ~~^^
これを使い始めると、いくら高価でも前のミシンは億劫になってしまいます。
何だか上手になったような気がするのも、ミシンのお陰です。

私は道具フェチなので、先ず道具ありき💦
でも全然、使いこなせてないです><

ただこの2ミリ押えは、重宝しています。
是非お試し下さい^^