2017/11/18

緊急のお願いです。

お久しぶりです。

更新を止めたブログですが、保護活動をされているもとさんからの、グレートデーンの里親さん募集のお願いが届きましたので、急遽掲載させて頂きます。




a162b45a-s.jpg
f0dfcfd9-s.jpg
664745fe-s.jpg
42f90ca6-s.jpg


女の子と男の子の2か月ほどのグレートデーンです。

NPO法人ペット里親会
のホームページでも、詳細がご覧いただけます。

ご興味のある方は是非、ご連絡をとって下さい。
よろしくお願い致します。
2匹に、暖かい家族が出来る事を、心より祈っています。









追伸

ジニーの近況を少し。

10月28日に、脾臓からの出血で、緊急手術となり、脾臓を摘出しました。
病理検査の結果、非常に悪性度の高い、血管肉腫と分かりましたが、目視では播種の兆候は見られなかったという事です。
11月16日に抜糸を終えて、今は元通り元気に過ごしております。
9歳という高齢になってからの手術で、一時は私達も覚悟しましたが、奇跡の回復を見せております。
抜糸前でしたが、獣医さんのお許しを得て、孫達と琵琶湖の家にも行ってきました。



2017_11130085.jpg
2017_11130053.jpg


奇跡的に助かった命。
神様からの贈り物と思って、大事に大事に過ごしていきます。

皆さまも、どうぞお変わりなく、お健やかにお過ごし下さいませ。






にほんブログ村


にほんブログ村








スポンサーサイト
2017/04/26

今月末で、ブログを止めます。

5年6カ月FC2さんでお世話になりましたが、ブログを止めようと思います。


PCで日記を書き始め、mixiに移り、そしてここに辿り着いて、15年。
PCで日記を書く事は、もうすっかり生活の1部になっています。
初めは、ドーベルマンのサリーを飼い始め、試行錯誤の日々を記録するために、
そして情報を得るために始めたことでした。

沢山の出会いがあり、
かけがえのない友人も得ることが出来ました。
犬を飼って、日記を公開していなければ、この出会いはなかったと思います。
この15年は、私にとってかけがえのないものでした。
書く事が、私の生活の励みになっていたのは確かです。


でも最近、『少し違う』と、思うようになりました。
先日の日記でも書いたのですが、『自分の縛り』のひとつになっている様な気もするんです。
一時期、ブログをお休みしていた時がありました。
でもやっぱりまた書きたくなって再開したのですが、
今度は、そんな逃げ道は作らないでおこうと思います。

ジニーや孫との楽しい日々の記録や、手作りの覚書ならば、 他に方法はあります。
一般に公開しなくても、近況報告したい人には出来る仕組みが今はあります。

なので、今までのブログは、私の記録として残しておきますが、
今月いっぱいで終了させて頂きます。

皆さまには長々とご愛顧頂き、ありがとうございました。
犬服をオーダーして下さったお客様。
当ブログを見て、アートクレイを作りに来て下さった生徒さん。
本当に、ありがとうございました。
皆さまの末永いご多幸をお祈りしております。




最後に、今月末までに、今までに犬服をご注文頂いたお客様限定で、
御二人様のみ、犬服のオーダーを承りたいと思います。
但し、布の指定は承る事が出来ません。
お任せ下さる事が条件です。
サービスでお入れしておりましたお名前の刺繍も、今回は出来ません。
1枚2000円+配送料となります。
お支払の振込み手数料は、お客様のご負担とさせて頂きます。
ご希望がございましたら、コメント欄に非公開コメントとしてご記入下さい。
(返信用にメールアドレスの御記載をお忘れなく。)









にほんブログ村

にほんブログ村







2013/10/03

里親募集の件

色々とご配慮ありがとうございます。

雌はすでに、北海道の里親さんの元にいるようです。
そして、ご心配頂いた雄の狼犬も、
関東の方に行く事が決まったと、友人から連絡がありました。

ありがとうございました

取り急ぎ、お礼まで。
2013/10/03

緊急のお願いがあります。

狼犬の里親になって下さる方を探しています。

6歳の雄です。




実は、この話は友人から来た又聞きです。
そんな曖昧な話を載せてよいものかと、悩みました。
でもあえて書かせて頂きます。

何故か?

里親の見つかり難い雄の狼犬だからです。

狼犬は、飼いやすい犬種ではありません。
初めて犬を飼う方や、小型犬しか飼った事がない方には、
申し訳ありませんが、無理だと言わせて頂きます。

ウィキペディアでは、

高度な社会性をもち、リーダーと認めた者には従順であるが、人間の家畜または愛玩動物として特化改良されてきた他犬種と比べると、馴致は困難な部類に入る。知能は非常に高いが独立性が強く、ブリーダーやトレーナーとして熟練した者でなければ、完全にしつけることは容易ではない。

飼育に必要な面積は一頭当たり30m2以上、理想的な運動量は一日2~3時間以上とされる。また跳躍力が非常に高く、個体によっては2~3m程度の柵を軽々と飛び越えるものもある。飼育に当たっては充分な敷地面積と設備があること、飼育者自身が飼育に時間を割けることが最低条件となる。

以上のような理由から、国内での飼育頭数はわずか500頭前後である。また、交配が行われているカナダやアメリカでは飼育環境の不備による脱走や、飼い主が扱いかねて放逐するケースが少なくないことから、このような犬種を交配、飼育することそのものに対する批判もある。


と書かれています。

だから、出来れば狼犬を飼っていらっしゃる方、もしくは飼った事がある方が、一番望ましいと思います。
犬の訓練士さんなら、なお良いと思います。

そんなこんなで、とっても狭い門です。
だからこそ、少しでも多くの方の口にのぼって欲しいと思い、ブログに載せました。
お心当たりの方、是非お問い合わせくださいませ。

今その子は、シェルターに入っているそうです。
何処の施設かは、知りません。
その期限も、分かりません。
でも、そんなに猶予はないと思います。

私自身、飼い主さんは存じています。
もうずいぶん前になりますが、サリーがまだ1頭飼いだった頃、
よくその方のメスの狼犬と、遊ばせてもらいました。
その雌の狼犬は、すでに里親が決まったそうです。
ただ、その後飼われた雄のこの子の事は、全然知りません。
新しい子が来た事は、風の便りで聞いていたのですが、
実際に会う機会がありませんでした。

その飼い主さんの名誉のために付け加えますが、
身勝手な飼育放棄で手放す訳ではありません。
誰の身にでも起こりうる拠所ない事情で、止む無く手放されます。


どうぞ、よろしくご検討をお願い致します。




もしも、ご自分のブログやHPで、この件を紹介して下さる方がいらっしゃるなら、
是非お願い致します。
このページにリンクを貼って下さい。







にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村



2012/05/18

また、コラボレッスン致します。

着物さくさくさんとのコラボレッスンで、クラフト籠バックの体験会を致します。

こちらは、先日アートクレイシルバー教室の生徒さんに、体験で作って頂いた籠バックです。


20125181.jpg



クラフト手芸は全く初めてとの事でしたが、午後から初めて無事完成
とっても素敵に出来上がりました^^

今回のレッスンは、午後からの半日で、完成させてお持ち帰り頂くために、底部分と中袋はこちらでご用意させて頂きます。
それでも本体側面と持ち手で、十分クラフトの技法は学べると思います。
ゆっくりおしゃべりしながら体験出来るように、シュークリームとお茶のご用意もしています。
是非ご参加下さいませm(__)m


日時  6月 5日 (火曜日)午後1時~(3時間ぐらい)
費用  1,800円(お茶・お菓子付き)
場所  大阪府羽曳野市西浦(詳細はお申込みの時に、ご連絡させていただきます。)
お持物 お手拭き、エプロン、はさみ、木工ボンド、目打ちかマイナスドライバー、定規、洗濯ばさみ(10個以上)
バックサイズは、持ち手部分は含まず、横27㎝、縦15~18㎝、マチ10㎝ぐらいです。
完成品をお持ち帰り用の袋などのご準備もお願い致します。

お申し込みは、さくさくレッスンまで。