2017/04/11

畳紙を折らずに収納できるバッグ

和裁のお稽古に通っていると、縫いあがった着物を先生に確認して頂いた後に、綺麗に仕上げのアイロンをかけて頂くのですが、これをして頂くと、自分で縫った物とは思えない様な素敵な着物に仕上がります
でも、いつもの様に風呂敷に包んで持ち帰ると、
折角の仕上げが台無しになってしまいます


以前に、和物の販売イベントに参加させて頂いた時に、着物を畳紙に入れて、半分折って持ち運ぶ帆布のバックを作って販売した事がありました。
でもね、畳紙を半分に折ると、どうしても着物にも皺が寄ってしまいます。
畳紙にも皺が出来るし、
「それじゃあ意味ないよね。」って、思っていました。
『納得いく物が作りたい。』

持ちやすくって、急な雨も怖くなく、和装でも洋装でも持てるバック。

勿論、畳紙の大きさを折らずに入れるという事は、大きいバックになる事は承知です。
でも重くなっては困るので、あまり嵩張らない様に、1~2枚程度が入る様に考えました。


表は撥水加工されたナイロンオックスキルト生地を使用しました。
この生地、厚みの割に軽いし、ちょっとイイ感じに皺加工されています。

IMG_1130w.jpg


服地・布地のマツケさんで購入しました。

先日、帯締めの収納の時に買った激安ゴムと一緒に、綺麗めな幅広ゴムと持ち手用の綿テープも購入していました。

IMG_1128w.jpg


この幅広ゴムで畳紙をガッツリ固定すれば、少々縦横動いても皺は寄らないはずです

型紙があるとか、どこかの本に載っていたという訳ではなく、、
色々思案しながらの作成なので、試行錯誤をしています。
もう少し時間がかかりそうです

IMG_1127w.jpg








にほんブログ村

にほんブログ村






スポンサーサイト
2017/04/09

くまもんのキルト生地

一時大人気だったゆるキャラのくまもんですが、最近はちょっと波が引いたのかしら?

くまもんのキルト生地がお安くなっていたので、服地・布地のマツケさんで購入しました。
ハンパに残っていたバイアステープを使いきりたくて、2辺だけ使いました。
他は、折ってミシンで叩いただけ^m^


IMG_1090w.jpg


ジニーのベットケースの下に敷くマットです。
以前は、丸くカットしたり、刺繍入れたりしてたのですが、かなり手抜きです。
でも、くまもん可愛いからいいか


市販のマットも使っていたのですが、嵩張ると洗濯が大変なんです。
キルト1mぐらいが丁度良いサイズです。

結構汚れます

IMG_1092w.jpg

ちょっとお腹が不安定だったので、ジニーのシャンプー出来ていないからかなぁ?
位置から見て、涎ぽい^^;
洗濯しても、あまり綺麗になりません。
オットは、「汚れたら洗わんと捨てたらイイねん」って、言いますけど、勿体ないですよね。
今度は手洗いしてみます


IMG_1094w.jpg


汚してもイイよ



にほんブログ村

にほんブログ村





2017/03/15

久しぶりにパンを焼きました。

弟に、ルヴァン種を貰ったので、久々にパンを焼いてみました。
(ルヴァン種とは、乳酸菌と酵母を生育させて作られるパン種らしいです。)

プレーンとクルミの白パン。

IMG_0857w.jpg


粉の4割程度を入れるとして、その分水分を減らして、牛乳は100g。
最近作っていなかったので、粉もカナダ産しか手に入らなかった。

ちょっといつもより固めの生地になりました。

感想は、白パンにしたので、ルヴァンの香りがちょっと気になるかも。
「普通に焼き色をつける方が、匂いも飛んで風味だけが残る。」と、弟曰く。
ラム酒に漬けこんだレーズンを加えても良いかもしれません。
しかし、やはり味はいつものパンよりも美味しい。

「めちゃ、美味しい」
オットが早速、熱々を食べていました^^

でも、この人の評価は当てにならないんだな






にほんブログ村

にほんブログ村










2017/03/13

絹の柄半衿

着物地の端切れを使った柄半衿はよく見かけるのですが、
ちゃんと半衿として作られた物は、あまり目にしないかも。
って言うか、私がウインドウショッピングとか苦手だから、目にしてないだけかもしれませんが。。。。

2枚買ったうちの1枚、薄グレーの矢絣模様を、年末までに仕上がらなかった長襦袢に付けました^^;
(一応、1月初旬には、縫いあがっていたのですが。。。。。。。)

IMG_0836w.jpg

IMG_0835w.jpg

礼装用の長襦袢ではないので、地紋があるものか、柄半衿をつけたかったんです。
でも、前回の黒にあられのポリ半衿が全然似合わなかったので
大人しめの柄を探していました。

でも実際は、柄よりも似合う色目を見つける事が重要なのかもしれません。

さぁ~て、これはいかがでしょうか?




にほんブログ村

にほんブログ村





2017/03/04

替え袖を、直接きものに付ける

一番よく袖を通す伊勢木綿に、替え袖を直接縫いつけてみました。



iphone 1363w
IMG_0802w.jpg

こうすると、勿論長襦袢は必要なく、マジックテープで留めるよりは、動きにフィットしますね。
衿は、美容衿だけでもいいし、勿論美容ランジェリーをプラスしても、ふぁんじゅと裾よけでも大丈夫です。
替え袖に、面ファスナーを取り付けるのも、数が多いので、ちょっと面倒です。
この方が、間違いなくピッタリの袖を、事前に付けてしまえるので、慌てずに済みます。
但し、替え袖の数は要りますね^^;


取り付けるのも、とっても簡単でした。
裏向けた着物の袖に、裏向けた替え袖をかぶせ、肩山だけをずらさない様にマチ針をうち、

IMG_0797w.jpg

肩山から前後10㎝強、表に針目が出ない様に、ぐし縫いすればOK
替え袖なので、替えることも想定して、ぐし縫いで十分だと思います。

IMG_0798w.jpg

これでもきっと、洗濯機で一緒に洗えると思います。
袖口と振りからも、丁度よい塩梅で、替え袖が覗いています^^

IMG_0801w.jpg


この方法が、一番簡単で、動きにもフィットしますね。
ちゃんとしたお出かけ用には、普通の長襦袢を愛用されるなら、
普段着は、この方法が、着るのも楽です
楽ちんが一番











にほんブログ村

にほんブログ村