--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/03

緊急のお願いがあります。

狼犬の里親になって下さる方を探しています。

6歳の雄です。




実は、この話は友人から来た又聞きです。
そんな曖昧な話を載せてよいものかと、悩みました。
でもあえて書かせて頂きます。

何故か?

里親の見つかり難い雄の狼犬だからです。

狼犬は、飼いやすい犬種ではありません。
初めて犬を飼う方や、小型犬しか飼った事がない方には、
申し訳ありませんが、無理だと言わせて頂きます。

ウィキペディアでは、

高度な社会性をもち、リーダーと認めた者には従順であるが、人間の家畜または愛玩動物として特化改良されてきた他犬種と比べると、馴致は困難な部類に入る。知能は非常に高いが独立性が強く、ブリーダーやトレーナーとして熟練した者でなければ、完全にしつけることは容易ではない。

飼育に必要な面積は一頭当たり30m2以上、理想的な運動量は一日2~3時間以上とされる。また跳躍力が非常に高く、個体によっては2~3m程度の柵を軽々と飛び越えるものもある。飼育に当たっては充分な敷地面積と設備があること、飼育者自身が飼育に時間を割けることが最低条件となる。

以上のような理由から、国内での飼育頭数はわずか500頭前後である。また、交配が行われているカナダやアメリカでは飼育環境の不備による脱走や、飼い主が扱いかねて放逐するケースが少なくないことから、このような犬種を交配、飼育することそのものに対する批判もある。


と書かれています。

だから、出来れば狼犬を飼っていらっしゃる方、もしくは飼った事がある方が、一番望ましいと思います。
犬の訓練士さんなら、なお良いと思います。

そんなこんなで、とっても狭い門です。
だからこそ、少しでも多くの方の口にのぼって欲しいと思い、ブログに載せました。
お心当たりの方、是非お問い合わせくださいませ。

今その子は、シェルターに入っているそうです。
何処の施設かは、知りません。
その期限も、分かりません。
でも、そんなに猶予はないと思います。

私自身、飼い主さんは存じています。
もうずいぶん前になりますが、サリーがまだ1頭飼いだった頃、
よくその方のメスの狼犬と、遊ばせてもらいました。
その雌の狼犬は、すでに里親が決まったそうです。
ただ、その後飼われた雄のこの子の事は、全然知りません。
新しい子が来た事は、風の便りで聞いていたのですが、
実際に会う機会がありませんでした。

その飼い主さんの名誉のために付け加えますが、
身勝手な飼育放棄で手放す訳ではありません。
誰の身にでも起こりうる拠所ない事情で、止む無く手放されます。


どうぞ、よろしくご検討をお願い致します。




もしも、ご自分のブログやHPで、この件を紹介して下さる方がいらっしゃるなら、
是非お願い致します。
このページにリンクを貼って下さい。







にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん♪

早速、ありがとうございます。

1日も早く、シェルターから出れます様に。。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。