2014/01/19

低いハードル

昨日の記事は、今日の前振りと言うか、先にいい訳しとこうというコスイ考えと言うか。。。。。
ハードルを低くするために書いた記事です。(きっぱり)

実は汚部屋を、『心地よい部屋』にしたいと思った時に、
一番はじめに思いついたのは壁の塗り替えでした。
築10年以上になると、壁にはそれ相当の汚れが付いているうえに、
ビスや釘を打ちまくっていたので、それを外しただけでも、かなり見苦しい壁面になってしまいます。
自作の棚をつっていた位置には、黒い汚れがついてしまっていたし。。。。
白ぽい壁は明るいですが、汚れも目立ちます。

落ち着いた好きな色に塗り替えるのは、念願でした。

半年前、収納アドバイスをいただいた翌日にはネットの壁紙屋本舗さんで、ペンキの見本を発注していました。

20140119 005

その後模様替えをして、
混色する色も決めて、
段取り確認となって、困った問題が起きました。

実は我が家は、こんな暖房を使っています。

20140119 001
20140119 004

家の外に灯油タンクを置き、外のボイラーで湯を沸かし、
壁の中を配管で伝わせて、各部屋を暖めています。
今流行りのデ〇ンギのオイルヒーターのお湯版という感じでしょうか。
燃費効率もいいし、空気も汚さず、空気の動きも出さず一定温度を保つ、イイことづくめの暖房なのですが。。。。。
ひとつ欠点をあげるとすると、常時壁にくっついているという事です。
暑い季節でも、用事もないのに、そこにある物なんです。
季節外れに収納される暖房器具の様な手間はいりませんが、埃はかぶります。

それに、壁を塗り替える際には障害になります。

20140119 002
(埃は見なかった事に。。。。。)
20140119 007

そう、
これが問題です。

ここで完璧を求める性格ならば、
器具のメーカーに問い合わせるなどして、解決の糸口を見つけようとします。



でも私は、この段階で、
「ビス穴は埋めたし、思った以上に目立たないから、これで良しにしよう。」
と思ってしまいます。

今、ペンキの見本は、断舎離しちゃいました^^;

これって、ちょっと違います?






埃見なかった事にして、目をつぶってポチッと

にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント