2014/02/17

悲しい知らせ。

先程、あき君の飼い主さんがうちにみえて、
あき君が亡くなった事を伝え下さいました。

飼い主さんの会社に住んでいたあき君。
土曜日の朝、飼い主さんが出社されると、もうすでにこと切れたあき君がいたそうです。

快方に向かっていたのにと、とても残念です。

あき君、ジニーと仲良くしてくれて、本当にありがとう。
小さいワンコにも、お座りして待っていた姿が忘れられません。
誰からも好かれた優しい男の子でした。

あき君のご冥福を祈りたいと思います。


20130207e.jpg
20130207d.jpg
20130218h.jpg











にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

抱いてやりたかったな…

この寒空、僕は飼い主ではないですが、逝く時に抱いていてやりたかった。
寂しかったろうなあ。

りぼんのとうちゃん。

それを思うと、辛いです。

蘭の時も、獣医さんの「預かります」の一言に、
まさかそのまま逝ってしまうとは思わず、
病院で死なせた事が一番悔いが残っています。
その子の寿命だったとしても、飼い主としては、
最後の時に、心細い思いだけはさせたくないですよね。