--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/30

姉のドーベルマン

私の周りには、幸いにも高齢で頑張っているドーベルマンが多いのですが、
今月の初めに、古くからの友人の男の子が、13歳の誕生日を前にして、いってしまいました。
そして、今日。昨日になるのかな?3月29日。義理姉のドーベルマンが虹の橋を渡りました。

CIMG5732.jpg
CIMG5730.jpg

里親になった子で、本当の年齢は分かりませんが、10歳は越えています。
たらい回しにされたようでしたが、それには訳があって、かなりの破壊魔の上に、咬み癖がありました。
まだ新しかった室内は荒らされ、家族全員が一度以上は噛まれました。
姉などは、顔面を縫う怪我をしました。
それでも根気よく家族の一員となるように頑張った努力には、身内ながら拍手を送りたいと思います。
努力の甲斐もあり、ここ数年は落ち着き、あの頃の面影もないぐらい良い犬になっていました。

CIMG5720.jpg
仲良く散歩したこの4匹は、もうみんな天国にいます。

看取れない事の方が辛い事ですが、大きな子の存在は大きい。
しばらくは、辛い日々が続くと思います。







にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうかぁ・・・サリーママさんがおっしゃっていたドべちゃんですね。
なんだか今年は虹の橋を渡ってしまうわんこが周りに多くて涙腺ゆるゆるです。

とってもすてきな笑顔ですね。
最期が愛情あふれる毎日だったことがうかがえます。

ご冥福をお祈りします。

yukalineさん♪

ありがとうございます。

そうなんです。
家族に囲まれて、幸せな最後だったと思います。

寿命が短いのは初めに分かっている事なんですが、それでも辛いものですね。

最後の皆の堂々とした後ろ姿の写真に胸が熱くなってしまいました。

お話に聞いていたドべちゃん。。。。
お義姉様にとってもサリーママにとっても思い入れの強い子でしょうね。
本当によく諦めはらへんかった、その愛情の深さに頭が下がる思いです。
きっと、きっと、心穏やかに「ありがとう~」って言うてはるね。

で、分かりましたよ、サリーちゃん、一番手前ですね。
ちらっと白い線(笑)

ドベさんが2頭も続けて逝ってしまったのかー。
とても他人事とは思えない。
悲しいねー。

義姉さんのドベさん、
色々あったんだね。
でも、そんなことを感じさせない素敵な笑顔で
こちらまでにっこりさせてくれる写真。

ご冥福をお祈りいたします。

アンテさん(^^♪

そうそう、お話していたベランダガラスを割って外に出た問題児のドベです^^;

私なら、ギブアップしていたかもしれません。
諦めないで飼いつづけた結果、本当にドーベルらしい良い犬になりました。
愛情に飢えていたんでしょうね。
きっと、幸せだったと思います。

見つけてもらえました^^
嬉しい(^^♪

2010livewellさん(^^♪

でもね。
姫様をはじめ、まだ3頭は元気ですよ^^
どの子もそれなりに色々抱えているけど、
それでも普段と変わりない日々を暮せているのは、私の励みになっています。

ありがとうございます。
きっと今頃、サリーや先代ドベ達と走り回っていると思います。
いや、サリー達に怒られて、教育的指導を受けてるかも^m^

ご無沙汰をしています。

少し悲しい出来事が続いていらっしゃるようですね。

実は我が家の子らも2012年のアロンゾを皮切りに、毎年続いてしまいそうです。

アロンゾが2012年5月21日 拡張型心筋症でした(享年6歳)。

モニカが翌2013年4月19日 免疫介在性他関節炎と乳癌を発端に骨肉腫で逝きました(享年7歳)。

そして現在、ピタが炎症性乳癌がリンパに転移した状態と診断されました。

現在、まだ6歳です。

幼い子供たち2人にとって、どの犬もかけがえのない真の友でした。

mixiには少し内容を載せているのですが、色々と情報を頂いた御恩を思い出し、コメント欄に記載させて頂きました。

頑張っているピタのことを、また時々思い出してやって下さい。

お願い致します。

よろしければご覧頂けると嬉しいです。

 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=75ciqUWUKkY

ありがとうございました。

健正さん(^^♪

お久しぶりです。

すっかりご無沙汰してしまって、ごめんなさい。
mixiもfacebookも、全然開いていませんでした(><)

おふたりのお子さんの可愛い様子は、以前拝見したままですが、
大きくなられたでしょうね。

ピタちゃんも、大変な状態なんですね。
ご心痛をお察し致します。

今でも、3匹が自由に走り回る、あの生き生きした動画が目に浮かんできます。
あの姿は、本当に素晴らしいものでした。
あんな風に、愛犬を育てられている健正さんを、私はとっても尊敬しています。
貴方の傍で暮らせた彼らは、幸せな犬達です。

いつまでも、忘れられませんよ。絶対に!

こんばんは。

サリーママさんのお姉様もドベ飼ってらっしゃったのですね…。
しかも里親さん、大変だったと本当に思いますがお写真の笑顔はたくさんの愛情を注がれてもらった証拠ですね!

じーまーさん(^^♪

コメントありがとうございます。

カッコイイという興味だけでは、飼えない犬種ですものね。
捨てられた子は、里親募集にも出てこない事が多いらしいです。
手に負えなくなって廃棄される場合、次の飼い主を探す事は難しいですからね。。。。。
辛い現実です。

いい笑顔してるでしょ^^
この頃には、すっかり馴染んで本当にいい子になっていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。