2016/07/06

ログハウスの中は。

実は、友人に、「アウトドア派でもないのに、なんでログハウスなんか買ったの?」と、よく聞かれます。
はい、私達夫婦は全然アウトドア派ではありません。
凄く苦手な方です。
息子達が小さい頃でも、キャンプやBBQなんてした事ありませんでした。
旅行といったら、ホテル。
レストランで食事。のスタイルでした。

一変したのは、犬を飼いはじめてから。
今でこそ、ペットと泊まれる宿泊施設は増えましたが、
サリーを飼いはじめた頃は、まだ数も少なくて、
そもそも大型犬を受け入れてくれるホテルなんて皆無でした。
特に関西圏では。
それでも懲りずに、泊まりに行ったりしていたのですが、
ある日疲れたのです。
色々な気苦労に。
(あの頃、蘭はウォーブラー症候群で足が悪かったし)

で、ログハウス購入となりました。

あの頃にいた蘭も、サリーもいなくなり
ログハウスも古くなりましたが、
中は、こんな風になっています。

先ず玄関。
靴を脱ぐ、小さなスペースがあるだけで、
そのままLDKです。
IMG_0237.jpg

LDK入ってすぐに、階段があります。
IMG_0232.jpg

この先、右がトイレで左が和室。奥が洗面所と風呂です。
IMG_0235.jpg

玄関側から見たDK。
IMG_0231.jpg

2階から、下を見たら
IMG_0222.jpg

2階の寝室
IMG_0229.jpg
IMG_0228.jpg
IMG_0230.jpg

寝室から見た階段上の踊り場と、先にベランダがあります。
IMG_0225.jpg

踊り場のスペースが結構広いので、物干しとお昼寝用のハンモックを置いています。


一応2LDK(1階に和室と、2階ロフトに寝室)、風呂、洗面所、トイレ、ベランダ、サンルーム付き。
それぞれは、とてもコンパクトです。
本格的な丸太のログハウスではなくて、マシンカットのログハウスなので、気密性は悪いかも。
でも、下の階でストーブを付けると、家中暖かくなります。
木のぬくもりもあるのでしょうね。
エアコンをつけると、家中涼しい。。。なんて事は、絶対ありませんが
でも裏手に何も無いので、風は良く通りますよ。
真夏でも、夜は殆どエアコンをつけません。
大阪では、考えられない事です。


勿論木で作られているので、初めの頃は木の香り漂うログハウスだったのですよ。。。。

最近では、ドアを開けると犬臭が
息子達が行くと、「やっぱり、ジニーの匂いが凄い!」と、言いますが、
ただ私達夫婦には、もう全然その匂いは分からなくなっています
ちゃんと掃除機もかけて、拭き掃除もしているんですが、それでも取れない匂いなんでしょうね^^;
恐るべし、犬臭



iPhoneの画像なので、お見苦しくてごめんなさいm(__)m

では、また。



にほんブログ村


にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

素敵なログハウスですね~!

今でこそ、犬と泊まれる宿泊施設も増えてますが、やっぱり大型犬は気を使います。
それに、私なんかは1人で2頭となると
宿泊時に宿にお願いして、割増料金をお支払したりします。(シーズンに1人で泊まらせるのは宿にとって痛いらしいので)

2頭引きの制御も出来れば楽なんでしょうが、ウチははなから2頭引きしないと決めていたので移動も大変だし…

気兼ねしないし、ワンズも自由に出来る。
やっぱりログハウス素敵です!!

じーまさん(^^♪

ありがとうございます。
でも写真映りが良いだけで、結構狭いんですよ。

割り増し料金を払われるなんて、びっくりしました。
色々なご苦労がおありなんですね。

以前淡路島のペンションに泊まった時に、
犬OKのお宿なのに、床はツルツルだし、中庭で用を足してはいけないし。。。。。
他にもいっぱい決まり事があって、窮屈な思いをしました。
足が悪いと、階段も登れないし。。。。

それなら、「連れ歩くな。」って事なんでしょうが、
それも諦めきれず。
一番楽な今の形に落ち着きました。
でも、ジニーがいなくなったら、もう行かなくなるかも。。。。。

No title

今まで内部の写真は殆ど拝見したことがありませんでした。
木がふんだんに使われていて贅沢。
サリーちゃんや蘭ちゃんがいたからこその決断だったんですね。
そしてほのかに漂う、犬のカホリ。全然気にならないね♪
まだ時々隅っこの隅っこから彼らの毛も出てきたりして。
私は先日、古い布の間からエルビスのふわふわ毛が出てきて、涙しました。

ジェイド母さん(^^♪

コメント、ありがとうございます。

カナダの本格的なログハウスには比べようもありませんが、
狭いお陰で、掃除は楽チンです^^

蘭が発症していなければ、きっと買わなかった物件ですが、
違った楽しみも発見出来て、良かったと思っています。

本当に、どこからともなく出てくる毛や、あの馨しいカオリ^m^
未だに、サリーの匂いを感じる時があります。

古い画像が出てきたりすると、一人大泣きしています。