--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/20

うちのご飯事情

うちのご飯事情と言っても、犬ごはんです^^;

最近は、犬ごはんを手作りされている方も増えたので、珍しくもないでしょうが、
我が家は完全な手作り派です。
完全といったのは、ドッグフードを与えていないという意味で、完璧だとは思っていません。
全くの自己流です。
たぶん至らない点や、間違っている事もあると思います。
でも兎に角、サリーのいる時から、ずっと手作りをしています。
間に、迷って悩んで、ドッグフードを試した事も、1度や2度ではありません。
勿論、作り手は私だけなので、私が寝込んだり、入院してしまった時には、ドッグフードを買って貰います。

何故、手作りに至ったかは、以前の日記にはたぶん書いていると思うのですが、今回は端折りますm(__)m

今回この記事を書こうと思ったのは、先日犬友さん ( 彼女も犬ごはんを手作りされています )のお宅に伺った時に、
以前、私が話した事を覚えて下さっていて、その話が出たからです。

その話というのは、
別の友人( そこも手作りごはん派の大型犬2頭の飼い主さん )から聞いた、かかりつけ獣医さんから聞かれたお話です。
以下は、その獣医さんのHPからお借りしてきた文章です。



例えば、貴方の隣のおうちに若い男性が住んでおられると思ってください。
その男性は、健康に良いからと言って、この5年ほどの間、カ○リーメ○トだけを食べていたとしましょう。

カ○リーメ○トと言えば、コンビニで売っている食べ物で、人間が必要としているビタミンやミネラルを、すべて含んでおり、そのほかの栄養素も、バランスよく構成された「完全栄養食」として売り出しています。

しかし、最近になって、その男性が原因の分からない、しかも治らない辛そうな病気になったとしましょう。 その男性と仲が良ければ、あなたはきっとこう助言すると思いませんか?

「カ○リーメ○トばっかり食べていないで、ちゃんとしたご飯を食べた方が良いんじゃないですか?」って。

この男性の食べている食事というのは、まさにドッグフードの人間版なのです。
人間版のドッグフードに対して、それだけでは「身体壊すよ」と思うのは、カ○リーメ○トが人間の身体を維持していくのには、栄養が偏っていることを本能的に感じ取っているからなのです。

身体に必要な栄養の中には、まだ十分に解明されていない栄養素や、必要な量がまだ決められていない物などがたくさんあります。 なにもビタミンのリストに入った物だけを摂っていれば大丈夫というものではないのです。

人は、それを本能的に知っているのです。

それは、ワンちゃんも同じです。
ドッグフードは、それ自体、栄養が偏っています。

そのため、フードのメーカーは毎年のように製品に改良を加えています。
メーカーや、世間が言うように、フードが完璧な食べ物であるならば、そのような改良は必要ないはずです。

改良した後のフードと改良前の物とを比べれば、明らかに以前のものは何らかの形で劣っているわけです。

言い換えれば、何年か先のフードと今現在のフードを見比べることがあれば、今の物は何かしら劣っている可能性が有る訳です。


私はこの話を聞いた時に、
心の中にあった漠然とした不安が、はっきり分かりました。
ドッグフードはなんとなく信用できないんじゃないか、という不安です。


私はその友人から、他にも大事な事を教えて貰いました。
それは、犬にも塩分が必要だという事です。
一般的に、犬には人と同じ物をあげてはいけないというのが、通説になっています。
その理由のひとつに、人の食べる物は、塩分が多すぎるからというのがあります。

でも、その獣医さんはそれは間違いだと仰っています。
HPには、塩分をとっていない犬に起こりえる弊害が書かれています。

私の犬ごはんの一番の失敗は、友人からその話を聞くまで、塩分を加えていなかった事です。
今思えば、サリーの腎臓の数値が高かったのはそのせいだったと思います。
サリーは、5日に一度、点滴を受けていました。
点滴の中には多量の塩分が含まれているそうです。
治療はそれだけです。
その事にもっと早く気づけていたら、食事で治せたかも、と悔やまれます。

今現在、ワンちゃんのご飯を手作りされていて塩分を加えていない方がいらしたら、
是非塩分を足して下さい。
目安は、人が食べて、ちょっと薄いかな?ってぐらいです。
私は『薄めのお味噌汁ぐらい。』を目安に、作っています。

人でも犬でも、生き物は皆、その食べた物で作られています。
食は、生命の基本です。
私達夫婦が今健康なのも、贅沢ではないけれど、
よく考えて、手を動かして、作った物を食べているからだと思っています。
でも、毎日成分表とにらめっこして、完璧な献立を作っている訳ではありません。
お肉が多くなって、野菜が足りないなぁ~~><と思う事もあるし、
たまには、お昼をカップ麺で済ます時だってあります。
でも基本は、どんなに簡単であっても、家で作った物を食べる。
犬ごはんの手作りも、それでいいと思います。
特別な何かがいる訳じゃない。
毎日続ける事が、大事だと思います。

先日あった友人も、「何かいつもオジヤみたいな感じ」と、言っていました。
うちもいつもそんな感じです。
色目も何もない。
おしゃれ感、全くなしです。
見た目なんか関係ない。
オジヤ、上等です







にほんブログ村

にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

そうそうそう!カロリーメイト!
あの時名前が出て来なかったー(笑)
ほんと、私も今はとっても納得して手作りご飯にしています。あの頃にサリーママに教えてもらったこと、食材、今活きてますよ~(^O^)本当にありがとうございます(あっ鹿のハツも!)
サリーちゃんが点滴してたのは初めて聞いたような気がします。そうだったんですね。

アンテさん(^^♪

コメント、ありがとうございます^^

実際、毎日の手作りはしんどいですが、
手作りごはんにすると、毛艶といい、喜ぶ顔といい、実感する良い事いっぱいありますよね^^
それと引き換えなら、その労力は報われます。

サリーの5日に一度の点滴は、2年ぐらい続いたと思います。
あごの癌を誤診された獣医なので、あの治療が有効だったのかは疑問ですが。。。。。
サリーに2年間も嫌な思いをさせたのが、一番悔やまれる事です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。