--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/01

今日は、PLの花火大会です。

が、昨日の記事の理由によって、私達が花火を鑑賞する事はありません。
ずっと以前、ジニーがまだいなかった頃。
mixiの日記に、花火の写真をアップしたのが、最後だったような気がします^^;

なので、今日のブログは手作り日記。

午後から、裾除けを縫いました。
普段は白でレースのついた、市販されている裾除けを愛用しています。
生地の滑りもいいし、使い慣れている物には愛着もあるんですが、
少し可愛い柄物も欲しくて、ソレイユさんの布で作りました。

IMG_4601.jpg


これは、リヨセルコットンサテン エマ ピンクです。
リヨセルとは、テンセルとも呼ばれている、ユーカリを溶かした溶剤を再生した繊維だそうです。
テロンとした落ち感のある布で、少し光沢のある肌触りの優しい布で、裾よけにもピッタリ。
柄も、和に使っても違和感がなく、選んで正解でした。
ソレイユさんの布は、どれもこだわりを持って選んでいらっしゃるので、安心して使う事が出来ます。


直線縫いだけなので、超簡単で短時間に作れました。
世界文化社の『自分でできる きもののお手入れ&お直し』に掲載されていた裾よけです。
この本は、運針などの基本から、裄直しや身丈直しなどの知りたい情報が満載されています。
私が一番参考になったのが『ミシンで作る「あるといいな」』でした。
今回作った裾よけの他にも、
すててこやかっぽう着、キモノ姿が細く見える魔法のような肌襦袢とかが載っています。

私の、絶対断捨離出来ない本の内の1冊です。






5時過ぎからそろそろ、花火の試し打ちが始まっています><
ジニーが、ウロウロ、ダラダラ
今は、PC横で伏せて、我慢ちう

IMG_4603.jpg






にほんブログ村

にほんブログ村










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。