2016/09/01

ボケ防止のピアノ

高齢化社会のせいか、
メディアでも老老介護や認知症による徘徊の話とかが、よく話題になっていますよね。
これも他人事ではない。
もう介護する両親達はいないけれど、
今度は迫りくるわが身の事と、いつも胸をつかむ様な思いで観ています。


ボケ防止には、手先を動かす事が良いんですって。




毎年寒い時期にお願いしている、ピアノ調律なんですが。。。。。。。
殆どひかれていないピアノは、調律師さんには直ぐに分かるのだそうで、
毎回申し訳ないような気がするのです。
別に弾いていようが、弾いていなかろうが、調律には関係ないのかもしれませんが、
ちょっと後ろめたいのも事実^^;


何年、弾いてないんだろう?
弾けるかな?
指、動くかしら?
なんてね。
ちょっと弾いてみました。

とちりっぱなしやん
全然

一番好きだった曲だけでも、弾けるように頑張ってみようかな。



って事で、これからはボケ防止に、毎日ピアノを弾くことにしました。


これも、習慣化すれば、難なく出来るかも?
要は、根を詰めない事が肝心ね。
タイマーかけて、1日30分だけにしよう。
これを、『次の調律まで』を、目標に



うちに来て下さっている調律師さんは、ドーベルマンを飼っていらっしゃって、彼女は12歳。
ドーベルマンの12歳は、とっても高齢です。
老犬介護も他人事ではなくて、
何のお役にも立てないけれど、この酷暑なので、毎日心配しながら拝見しています。

工房ぴあのさん






にほんブログ村


にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント