2017/02/21

半衿と湯文字を作りました。

昨日の続きで、半衿に刺繍をしました。
雪の結晶柄。

IMG_0714w.jpg


一番期待していたベージュのちりめんに渦巻き模様。
これを、ちょっと目を離した隙に失敗してしまいました

IMG_0710w.jpg


非常に残念です
でも、またリベンジします。
立ち直りだけは、早いんです^^;



それから、以前女子用のふんどしを作った記事を書いたのですが、
あれは、どうも着物には不向きでした。
というのも、アウトラインが出てしまいます。

で、色々調べてみると、湯文字というのがありました。
お腰とか、腰巻きとか言うみたいです。
俗に言う裾よけとは、ちょっと違うみたいです。
裾よけや長襦袢の中につけます。(下着ですからね)
付け方も載せていらっしゃるサイトがあります。
実際に、今でも販売されている呉服屋さんもありました。

こだわりの湯文字

浅野屋呉服店



1枚見本に買おうかとも思ったのですが、簡単な作りだったので、これも作ってみました。

IMG_0700w.jpg


勿論、これは使用前ですよ^^;
まだ使っていませんが、これは良さそうな気がします。
一応洗い替え用も、作りました。
これで、着物を着る敷居がもっと下がればいいんだけれど。。。。

あとは和装ブラをどうにかしたい。
この歳でも、私は見かけによらず、胸がある方です。
これがあるお陰で、着物の胸元がスッキリしません
よって和装ブラは必須なのですが、この締め付け感が半端ないんです
これがなければ、毎日でも着物を着ていたいというのが、本音です。
妙案はないものでしょうか?





にほんブログ村

にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

どんどん増えていく、着物小物。
刺繍襟が手作りでとても素敵です。
これはミシンの刺繍機能で作ったのですか?
着物用のブラの問題が解決できたら毎日のようにサリーママのお着物姿が拝見できるんですね。楽しみです。

じぇいどははさん(^^♪

そう、もう10年以上前に買った刺繍ミシンですが、現役で頑張ってくれています。
刺繍の図案を作れるソフトもあって、これを使うと図案は無限大^m^
但し、ちょっと面倒くさいんですがね^^;

ほっそりした着物姿に憧れます。
運動のお陰か、背中には肉は付いていないんですが、前がどうももっさりします。
和装ブラをしないと帯の上に乗っちゃうし、綺麗な線を求めるとしんどいし。
大問題です。
でもいずれは、毎日着物が目標なんですよね^^