2017/03/17

着物の収納

最近は、着物話が多いですね。
ご興味の無い方には、申し訳ありませんm(__)m


着付ける時の小物類は揃えておくのが、早く綺麗に着つける上での必須条件です。
着つけている最中に、紐が足りないとか、帯板を探すとかなると、着崩れの原因にもなります。

私は丈夫な箱に最低限の物を揃えて、引き出しの1段に箱ごと入れています。

IMG_0841w.jpg

素材は特殊な紙ですが、丈夫で軽く、持ち運びしやすく、衛生的にも良いので、愛用しています。
たぶん、書類などを整理する時に用いられる箱だと思います。
箱の上部分は金具で補強されているので、使用後のクリップを仮置きするのに便利です。

IMG_0844w.jpg

着付ける時は、箱ごと取り出して、手の届きやすい小机の上に置きます。

帯板をどけると、

IMG_0845w.jpg

下着類と補整用具、伊達締め、帯枕、衿芯、紐、クリップの入ったポーチ、コーリンベルトなどが入っています。
使って洗ったら、またここに戻しておけば、次回も忘れ物をしないで済みます。

この引き出しの上の段に、足袋を収納しています。

IMG_0846w.jpg

その隣は、帯揚げと帯締めですが、今収納を再検討中なので、
ここは次回にお見せするとして。。。。。。

着物と帯類は、基本畳紙に包んで仕舞っています。

IMG_0837w.jpg

畳紙には、中を開けなくても何が入っているか分かる様に、画像のシールを貼っています。

IMG_0839w.jpg

何度も作って貼り直している物もあるので、こんなお見苦しい状態もあります^^;

これを、3階の和箪笥と、整理箪笥、2階寝室のクローゼットの整理箪笥に仕舞っています。
これは、2階クローゼットの整理箪笥の中です。

敷布の上に和服用の除湿剤を敷き、

IMG_0850w.jpg

その上に畳紙を四隅を開けて入れていきます。

IMG_0848w.jpg

大体8枚ぐらい。
スムーズに開け閉めするためにも、、いっぱいになりすぎないように気を付けています。

敷布で包むと、少し上に余裕が出るぐらいです。
(腹八分目ってところでしょうか?^m^)

IMG_0849w.jpg

ここは、主に普段使い用。
うっかりすると、満タンになってしまうので、
時々中を確認して、
あまり出番の無い物は3階に上げて、和箪笥と整理箪笥に保管する様にしています。







にほんブログ村

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント