--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/03/23

帯締め、帯揚げの収納、その後。

帯締めの収納は、レターケースを買おうか、それとも木製の小引き出しを買うか悩んだ末、
結局、着付け用の小物を入れている箱と同じ種類で、あれより浅めの箱を使う事にしました。

実はこの箱は、長男のお嫁さんに貰った物です。
この箱を製作している会社を、お嫁さんの実家が経営していて、
彼女は、そこで働かせてもらっています。
オーダー製作の箱のため、時々サイズ違いであったり、予期せぬキャンセルがあったりとかで、
不要になった箱を貰ってきてくれるんです^^
有難いです

元々は、店舗什器として注文される事が多いのですが、
歌舞伎や舞台の衣装を入れるために注文される事もあるとか。
オーダーメイドなので、サイズも自由だし、
持ち運びしやすく、尚且つ丈夫で、プラ容器の様に密封されないので通気性もあります。
(この箱は、店研創意で販売されているそうで、ストアエクスプレスでネット販売もされています)


うちにはこの箱が何個かあって、どれも皆サイズが違うのですが、
それぞれ、とっても重宝しています。

背が高くて、大きな箱は、キャスターが付いていて、
芯に巻いた布や、キルト芯などを立てて収納するのに重宝しています。

IMG_0911w.jpg
IMG_0913w.jpg

2階の布を収納しているクローゼットの中、引き出し式の収納の両端が死角になって利用不可だったのですが、
この2箱のお陰で、立てて収納出来て、凄く助かっています。


机の下にある背の低いキャスター付きの箱には、端切れを収納しています。

IMG_0916w.jpg


丁度、机の下に隠れるサイズなので、容量が大きいのに邪魔になりませんし、
ちょっと端切れが必要な時、直ぐに使えて便利です。


手芸教室の時に、布を選んでもらうために運ぶ時には、みかん箱ぐらいの大きさが重宝します。

IMG_0915w.jpg

ガッツリ重い物を入れても、へこたれません^^;
特殊な紙が素材らしいのですが、濡れタオルで拭いても大丈夫でした^^
大切な商品を入れる箱になるので、引っかかったりしないように、
細心の注意が払われて製作されています。
薄物の絹の帯揚げを入れても、全然心配はいりません。

よって、帯締めの収納は、これで決まりました

IMG_0910w

1段づつ並べて見やすい様に収納しようと考えていたのですが、
何段にも分かれるのはちょっと面倒かと思い、
それよりも、1か所に全部入っている方が良いと判断しました。


帯揚げは、足袋収納の隣の引き出しが、幅が丁度良かったので、これで決まりです

IMG_0922w



今回手を付けた着物関係収納の見直しは、これで一応完了しました。
これからは、これ以上増やさない様に注意しながら(これが、一番大事!)
この収納を維持出来るように頑張りま~~す^^;





にほんブログ村

にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。