--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/04/07

老後

という言葉が、益々気になる年齢になりました。
私は、今年61歳になりました。

平均寿命は延びているけれども、大切なのは健康寿命だと言われる昨今。
本当に、寝たきりになったりしたら、生きている意味がありません。
健康に動けてこその命です。

元々そんなに頑丈に出来ている方ではありません。
よく風邪を引くし、胃腸も弱い。
血圧は、ナースさんが心配して下さるほど低いし、
持病も潜んでいます。
ごく短期の入院でしたけれど、めまいが酷かった時は永くて、辛い経験でした。
夫や息子達夫婦に、沢山迷惑をかけてしまいました。
あの時に一番心配だったのは、ジニーの事。
飼い主が健康である事が前提のペットの幸せ。
とても考えさせられました。

あの後、
「ジニーが、私の最後の犬になる。」と話すと、
友人は
「まだ、そんな歳でもないでしょう。まだ又飼えるわよ。」と、言ってくれました。

超大型犬の寿命は短い。
「ご長寿だったね。」と言われても、せいぜい12~3年でしょう。
でも、その12~3年の内に、私も歳を取るのです。
いつ、自分が介護される側に回るか分かりません。
そんな事にならなくても、70歳を超えて、
大型犬の老犬介護が出来るかどうかは、非常に微妙な問題です。
たとえ超大型犬でなくとも、残されるかもしれないペットを飼う事は出来ません。

「息子さん達がいるじゃない」って、声が聞こえてきそうですが、
息子達に負担を残したくないし、それでは残された犬達も可愛そうです。
処分されるペットの中には、老いて飼えなくなったという事例も増えているそうです。
その中に、自分の愛する家族が入るなんて、考えたくもありません。


老後、ひとりになったら。
(うちは姉さん女房なので、年齢から言ったら、あちらが残る可能性も高いんですが💦)
身軽な独り暮らしをしてみたい。
身の回りを小さくして、つつましく、でも楽しく暮らせたらと思います。

『独居老人の孤独死』が、ニュースで流れた時期もありましたが、
益々その数は増え、最近は珍しい事でもなくなったようです。
周りの方や家族には迷惑かもしれませんが、
あの死に方って最高かもしれません。
「ひとりで死ぬなんて、可愛そう。」
「悲惨だ」
そうでしょうか?
看取られても、看取られなくても、結局、死は孤独です。
病院で管に繋がれて死ぬよりも、ずっと人らしくてイイ。
施設に入って、収監された人の様に暮すよりは、自由でしょう。
自分の家が、誰だって一番。

以前観た映画で、
年老いて痴呆症になった妻と一緒に施設に入り、
昔の話を物語の様に、毎日話して聞かせる夫がいました。
家族が迎えに来て、「一緒に暮らそう」と言っても、聞き入れません。
痴呆症の妻は、夫の事も分からない。
寄り添えない二人なのに、夫は妻から離れないのです。
そのうちに、夫が病気で倒れます。
妻は、突然夫を思い出す。
病で臥せっている夫に寄り添って寝る妻。
翌朝、寄り添うように亡くなっている二人を、施設の人が発見するんです。

とても感動的なお話だったけれど、嘘臭い。
そんな事、ありっこない。と思いました。
素敵なおとぎ話です。


長くなってしまいましたm(__)m
う~~ん、私は何が言いたかったのか?
よく分かりません。
ごめんなさい。
こんな日もあります。







にほんブログ村

にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

判ります。良ーく判ります。周りも友人達が亡くなったり、旦那さんが亡くなったり、病気になってその看病で人生が変わってしまったりと、最近突然大変化が起きています。自分もいつか、病気になったり動けなくなったりするのか?と考えます。が私は子供がおりませんから、主人が亡くなったら、独りぼっちです。そんなことを考え、主人に「先に逝くから、あとは宜しくね」と言っていますが、彼は10歳年上ですから、しぶとく生き残るのは私でしょう。でも、人の手を借りなければ生きていけないのなら、そこで自分の人生は終わりでいいと思っております。私は葬式もいらないし、静かにフェイドアウトが一番です。孤独死もそんなに騒ぐことでしょうか。。世の中が変わり、一人暮らしが多い中、眠っているうちにあの世に逝けたら。。いいんじゃないかと思ってしまいます。元気で色々できるのは幸せです。毎日を充実して行きましょう!!

鍵コメさん(^^♪

いつも読んでくださって、ありがとうございます。

私も、可愛い猫ちゃんと素敵なお庭を、いつも楽しみにしています^^

Jr.mamaさん(^^♪

脈絡のない話でしたのに、コメントをありがとうございます。

若い頃は、老後なんて別世界の事の様に感じていましたが、流石に今は1番の関心事です^^;
今通っているスポーツジムには、私よりも高齢なのに元気な方が沢山いらして、いい刺激を貰っています。
元々「わが道を行く」タイプのわがままなB型人間なので、私にはひとりが性に合う様に思います。
老後は、誰に何と言われようと、独り暮らしがしたい。と思っています。
そのためにも、健康でいなくっちゃ。
毎日を充実させなくっちゃ。ですよね^^

No title

おっしゃりたいことわかります。よーくわかります。
わたし、ママのこの記事を読むまで孤独死を忌み嫌っていましたが、案外悪くもないかなって。後処理はすっごく大変だけど、自分はもう逝っちゃっているから、他人のことなんて気にしない、って思えば最後までかなりの自由度で居られるのかも。
わたしも自然な流れでいけば夫が先に行くだろうし、そのあとはカナダに残るよりは全てにおいて体に馴染んでいる日本へ帰るのかって迷います。でも、わたしが先に逝くことだってあるわけだし、先のことは全くわからない。ある程度の準備をしつつも臨機応変に対応していけるように柔軟でいたいと願っています。

じぇいどははさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
孤独死は、周りに迷惑をかけちゃいます。
私の場合、息子達には悲しい思いをさせちゃうかもしれない。と思います。
だから独居する場合は、その辺りの事は十分気を配らなくてはいけないと考えています。
例えば後々のために、亡くなって時間が経たないうちに発見してもらえる様な配慮をする事は大切ですよね。
『立つ鳥跡を濁さず』の気持ちは持っていたいと思います。

初めまして

読みいってしまいました。
私は40代なんですが、老後の事が心配で心配で仕方がありません。
難病指定の持病を抱えてるんですが、今は落ち着いてますがいつまで月一で遠い病院まで通えるものなのかとか、子供もいないので夫より早く逝きたいとは思ってますが、なかなかその通りに行くものではないですよね。長生きの秘訣とか全く興味もありません(笑)
お金があれば施設に入って長生きしても良いんですがね。無理です(笑)
ほんとに自分の思い通りに終わりが迎えられればと思います。

私も結局何を言いたいのか分からず、自分の心配を書き込んでしまってすみません(;´Д`)

初めまして、なおさん(^^♪

コメントを頂き、ありがとうございます。

私も実は、難病指定の持病を持っています。ただ、今は小康状態を保っているので、受診はしていません。年に一度の人間ドックで診て頂いています。
生きるというのは、同時に死に近づいているって事なので、考え込んでしまうと老後は不安だらけですよね。
でもね、物は考えようだと思います。
不安を抱えても、抱えなくても、終わりは来るんです。
同じなら、命を全うさせるために健康に気を付けて、生きてる間は充実した毎日を過ごさなくっちゃ。
しぶとく生き残りましょう^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。